TOPメニュー


今すぐ借りたい!気になる審査スピード

お金が必要なケースにも2つのタイプがあるのではないでしょうか。 住宅や自動車のように、周到に用意をし、それから融資を申し込もうという場合が1つです。 そうではなく、自分でも考えていなかったような理由で、すぐにお金が必要になる場合があります。 だいたい、お金を借りたいと思うケースというのは、この2つのどちらかなのではないでしょうか。 用意周到に計画しているのなら、審査スピードなどはそれほど気にはならないものです。 ですが、急にお金が必要になった時は、何とか早く審査が終わって欲しいものなのではないでしょうか。 審査スピードは、それぞれの金融機関によってまちまちです。 住宅ローンや自動車ローンの審査は、1週間程度かかる場合もあります。 そうではなく、小口の融資であれば、それほど審査に時間がかからないものも多くなってきました。 なかには、数秒で審査がわかるとしている金融機関もありますが、それはシステム上での仮審査のことで、本審査はその後に待っています。 それでも、最近は、かなり審査スピードがアップしているのは事実です。 インターネットの発達により、信用情報のチェックにそれほど手間取らなくなったからでしょう。 審査がすぐ終わるということは、お金を早く融資してもらいたいものにとってはありがたい話です。 融資額が50万以下で、総量規制の範囲内であれば、1時間程度で審査は終わるのではないでしょうか。 そのため、申し込んで即日に融資して貰うことも可能です。
初めてキャッシングするときに肝心の銀行借入でお金を借りる方法の金融機関を選びます。

多重債務者ってどんな人のこと

負債を抱えている方のことを債務者と呼びますが、多重債務者はどんな方のことかご存知ですか? 現代はとても便利な世の中で、銀行や消費者金融などの会社が複数存在し、消費者金融であれば審査もネットなどで完了して気軽で通りやすいというメリットがありますから、幅広い年代の方に利用されています。 多重債務者は、この消費者金融会社やクレジットカード会社などの貸金業者から融資を受けている方の中でも複数の貸金業者からお金を借りていて、その返済が困難になっている方のことを言います。 一か所だけではなく、複数から借りているということはそれだけお金に困っている状況であるにもかかわらず、一度借りてしまうと、いつか返せるから、また少し負債が増えるくらいなら大丈夫と思う方が多いですが、実際はその積み重ねが恐ろしいリスクを生み出すのです。 そして気づかないうちに、支払えなくなるような膨大な借金を抱えることになってしまうかもしれません。 悩んでいる方は、一人で解決するのは困難です。 弁護士などの法律のプロに相談するのが一番良い方法でしょう。 貸金業者の中には、負債期間が長くなると法定外の金利を取る業者も存在しています。 いらない金利をいつの間にか支払っていることもありますから、是非そういったことも含めて弁護士に相談するのが一番なのです。 どうしても返済に困ったら、債務整理の方法を弁護士から提案されます。 自己破産、任意整理、民事再生という方法がありますから、プロに頼んで是非多重債務の問題を解決するべきだと言えるでしょう。

審査で重視される他社借入件数

融資を受けるのには様々な方法がありますが、特に急いでお金を必要としている場合はキャッシングやカードローンがとても便利です。 来店で申し込みができるのはもちろんですが、インターネットや電話などの来店不要で申し込みができる方法も様々用意されており、とても利便性が高くなっています。 そして融資を受けるためには、まずは申し込みが必要です。 申し込みには必要書類に記入を行ったり、インターネットからの場合は専用の申し込みフォームに入力を行い、それを送信します。 記入には住所や氏名、生年月日などの個人情報に、勤め先や年収なども記入することとなり、さらに他社借入件数も入力することとなりますが、これは審査でもとても重視されるところです。 審査では借入の総額も重視されますが、借入件数も審査をクリアできるかどうかでかなり影響してきます。 各金融機関ではそれぞれ何件までが許容範囲かというラインがありますので、やはり借入件数が少ないほうが融資を受けるのにも有利となる傾向があり、5件以上などとなるとかなり審査は厳しくなる傾向があるようです。 それゆえに審査が通らないという場合はまずは他社借入件数を減らしていくいことが大切です。 そして、こうした他社借入件数を入力する場合はいわゆる無担保のローンが対象で、有担保の住宅ローンなどは記入しなくて良いとされています。 クレジットカードの場合はキャッシング枠は含まれますが、ショッピング枠は含まれません。

▲pagetop