TOPメニュー


消費者金融の金額別キャッシング

消費者金融でお金を借りる際に重要な金額別の金利と借り入れ極度額 キャッシングを利用するとき、どれだけの金額の融資を受けるかは、利用者次第です。 また、使用用途に応じて必要な金額は大きく違って来るでしょう。 ただ、お金を借りる時に覚えておきたいのは、借りる金額によって、金利が違って来るということです。 20万円借りたいときにカードローンで借りたいときなど方法を知るうえで、とても大切な知識です。 通常、消費者金融では、4.5%から18%といった感じで最低金利と最高金利が設定されています。 もし上記の金利設定がされている業者で、1万円から500万円までの借り入れ可能額の枠が用意されている場合、1万円の借り入れを行うと18%の金利が課されますし、500万円の借り入れの際は、4.5%の金利に応じた利息の支払が発生します。 そして、この中間の金額に関しては、業者の規定に応じた4.5%〜18%の間の金利によって、支払うべき利息が決定されるのです。 キャッシングを利用する際、借入金額が大きいほどに金利を低くすることができます。 借り入れ時の金額別に、金利は決定されるのです。 このことから、必要な金額よりも大目に借り入れを行うことで、金利を下げることも可能となります。 ただ、不必要に多く現金を借りることに抵抗を感じる方もおられるかも知れません。 そんな方も、借り入れ極度額について覚えておくと、実際に借り入れる現金は最低限に抑えながら、金利を低く抑えられる可能性があります。 借り入れ極度額とは、審査によって決定される借り入れ可能な最大金額です。 この借り入れ極度額は、少なく設定することもできるのですが、金利がこの借り入れ極度額によって決定されるので、できるだけ大きい枠を設けておくことで、より低金利で借り入れられる可能性があります。 消費者金融を利用する際は、借り入れ極度額の設定次第でより低い金利で融資を受けられる可能性があるのです。

▲pagetop