TOPメニュー


消費者金融から90万円借りるには

消費者金融で90万円をキャッシングするために必要な条件とその理由 消費者金融の提供するキャッシングは、現金調達に非常に便利なサービスです。 しかし、このサービスを使えば、いくらでもお金が借りられるというわけではありません。 特に、初回の利用においては、借りられる金額が制限されることが一般的です。 また、年収の多寡は、融資可能な金額に大きく関係します。 たとえば90万円の融資を利用したい場合なら、最低でも270万円以上の年収を持っていることが、最低限必要となります。 消費者金融のキャッシングは、貸金業法に基づいて融資を行うサービスです。 ですので、貸金業法が規定する総量規制を上回る金額を融資することはできません。 貸金業法の総量規制では、年収の3分の1を上回る融資を行うことはできないとされています。 このことから、90万円の融資を受けるには、その三倍の270万円の収入を持っていることが必要になるのです。 また、この総量規制というのは、他の金融機関で組んでいる借金も含めたトータルの借金額を規制するものだという点にも、注意が必要です。 たとえば年収が270万円あっても、既にいくらかの借り入れがある場合は90万円の融資は受けられません。 このことからわかるのは、キャッシングを利用する際は、現在組んでいる借金と、自分のえている年収を考慮して行わなければならないということです。 なぜ、この様な総量規制があるのかというと、消費者が無理な借金を組んで、多重債務者になったり、自己破産に陥ることを防ぐためです。 こういった細かい情報を知りたいときや、確認、相談をしたいときにはモビット店舗などで相談をしならが利用するのも安心できます。 消費者金融の利用は、自分のおかれている状況を熟慮して行うことが、より安全な活用につながります。

▲pagetop