TOPメニュー


コンビニキャッシング

コンビニエンスストアでお金を借りるということ カードローンはいざという時にすぐにお金を工面できる方法として利用されています。 千円単位、万単位からの少額融資の借り入れが可能なので生活の一時資金に充てられるケースが多く、カードローン自体そういった用途に使用することを奨めています。 担保・保証人や印鑑不要、身分証明書のみで契約できることもあり、もともと使い勝手のいい商品ですが、最近では取り引きの幅も広がって利便性は昔に比べてかなり高まりました。 そんな中で借り入れ方法が特に多様化しており、プロミス店舗や金融会社の窓口のみならず、振り込みやATMで借りることもできます。 特にATMでお金を借りる人は多く、今ではどこのコンビニにも設置されているものですし、24時間利用できるということで借り入れをするのに時間や場所に制限がなくなっています。 これが店舗での借り入れになると店舗の営業時間内までしか借り入れができず、そうなると夕方以降にお金が必要になっても工面することはできません。 また、振り込み借り入れはネットから操作できるため外出する必要がないという点で優れていますが、銀行の営業時間外になると振り込みできなくなってしまうため15時までというリミットがあります。 それを踏まえるとコンビニATMの高い利便性が良く分かります。 借り入れシステムはキャッシュカードを使った引き出しと変わりありません。 カードローンのカードを差し込み、指示に従い操作していくことで、必要な金額を引き出して借りることができます。

▲pagetop