TOPメニュー


契約社員でもお金を借りれる!

キャッシング契約には、安定した継続的な収入を得ているという条件があります。 契約社員は正社員と比べて安定性には欠けますが、継続的な収入を得ているため、お金を借りることが可能です。 実際、契約社員よりも安定性が低いアルバイト、パート、自営業者でも契約できるのがキャッシングの強みですので、契約社員なら問題ないと思っていいでしょう。 しかし、だからといって必ず融資してもらえるという保証はありません。 キャッシングには審査があり、この審査にて返済能力を確認します。 各社で債務者に求める返済能力の基準は一概ではないので、どのくらいの返済能力があれば審査に通過できるとは言い切れないのが現状です。 同じ条件を持ってしてもA社では審査に落ちてしまったけど、B社では審査に受かったということもあるので、確実に審査に通りたいのなら審査が緩いとされる金融会社を狙うのがポイントでしょう。 さて、返済能力の基準は上記で述べたように、一概ではないということで明確なことは言えませんが、審査に落ちてしまう人にはある特徴があります。 それは、他社からの借り入れが多い人、返済の滞納や延滞をしている人、総量規制の範囲を超えている人です。 返済能力は年収などの個人情報も大切ですが、それ以上に現在の他社からの借り入れ状況が重視されます。 そのため、借入件数が多かったり、返済を滞らせていると審査の通過は難しく、また総量規制を満たしていれば無条件で融資はされません。 お金を借りる前に、まずお金を使わないことがお金を借りなくてもすむ最短の方法ですね^^お金を節約する際はこちらの情報をどうぞ!

▲pagetop