TOPメニュー


パートでもお金を借りるために覚えておくこと

通常お金を借りるためには消費者金融や信販会社、銀行などからキャッシングを申し込むのが最も早い手段とされており、その条件にはどこの会社も『安定した収入がある方』と言うのが条件となっております。 なので、正社員の方だけ限定ではなくパートの方でも申し込むことは可能になっていますが、実際にはある程度の注意事項が必要です。 それは、消費者金融や信販会社に申し込みを行う際には総量規制というものがあり、年収の1/3以上はお金を借りることができないとなっているからです。 特にパートの場合は家庭があり、子供や夫の居ない時間を利用して働いている方が多いはずです。 なので、20万円借りたいときにカードローンで借りたいを知りたい場合などにも、収入が低くなりがちなのでその辺を考慮に入れれば十分に融資を通すことは可能になります。 また、総量規制の例外として、配偶者の年収を合わせて記載することは例外とされていますので、申し込みに記入していくのも手でかなりの率で借りることはできますが、配偶者に内緒で借りる際には自分のパートの給料だけで返すことができるのかを十分に検討しておく必要があります。 総量規制自体は消費者金融や信販会社に定められている規則なので、銀行には定められていません。 また、融資自体にお金を必要とする金融機関は日本国内にはありませんので、思い切って銀行に融資を申し込んでみるのも一つの方法と言えます。 一般的には銀行は審査が厳しいと言われていますが、これまで借入をしたことがないという方であれば、他に借り入れが無いぶん審査も通りやすいと言われているからです。

▲pagetop