TOPメニュー


低金利で土日にお金を借りれる?

契約限度額を高く設定して低金利でお金を借りる 多くの場合、サービスを利用する時は手数料を支払う事になります。 カードローンを利用する時に発生する金利は、消費者金融に支払う手数料だと言えます。 この金利によって、消費者金融は利益を得ているのです。 さて、カードローンを利用する時に、この金利を安くする方法があります。 それは、契約限度額の枠を出来るだけ大目に設定するという方法です。 契約限度額とは借入可能な金額の上限を規定するもので、審査によって決定された範囲内で利用者が設定する事が出来ます。 この金額は借金する額とは異なります。 契約限度額内で実際にどれだけの金額を利用するかは、利用者の自由です。 ただ、金利がこの契約限度額で決定される為に、出来るだけ大きめにこの枠を確保した方が良いのです。 仮に、融資を必要としている金額が数万円と少額であった場合、契約限度額を少なく設定しても用は足ります。 ですが、ここで契約限度額を低く設定すると、金利が高くなってしまいます。 もっと具体的に言うと、契約限度額49万円と50万円で金利が変わる場合は、40万円だけ融資が必要な場合でも契約限度額は50万円に設定しておいた方が、安い手数料でお金を借りる事が出来るのです。 消費者金融では最低金利などが宣伝材料として使われる事が多いのですが、実際にはどのくらい自分が契約限度額を確保出来るかが、金利を抑える為には重要となります。 ただ、こうしたデータは一般的には公開されていません。 たとえば、土日にお金を借りるなら他のサイトを参考するなどして、いくつかの消費者金融を契約してみる事が、最終的に低金利で利用出来る業者の発見に繋がると言えます。

▲pagetop