TOPメニュー


銀行でお金を借りるために必要な審査基準

銀行でお金を借りるために必要な審査基準ですが、難しく考えることはありません カードローンかキャッシングを利用したいと思った時、まずはどこで申し込もうか考えます。 やっぱり金利が低くて、しかもたくさん貸してくれて、信用があるところがいいですよね。 どこで借りてもお金の価値は同じですが、消費者金融より銀行でお金を借りる方がなんとなく印象がいいと感じる人も多いはずです。 金利の面から見ても低めに設定されており、魅力的に映ります。 しかし、貸してくれるまでが面倒とか大変とかという話を聞いたことはありませんか? 確かに、消費者金融などは審査が簡略化されており、最近では数秒で審査OKというところもあったりしますし、どこも即日融資を看板に掲げています。 では銀行はどうでしょう。 保証会社に消費者金融を据えている所は比較的審査は早いようです。 審査基準はというと、実はそれほど難しいことを挙げているわけではありません。 平たく言ってしまえば、銀行側はお金を貸して利息を取れれば良いわけですから、あまり厳しいことを言って門を狭めることはないということです。 きちんと返済をしてくれる人かどうかを見極めるために調査をするのですから、信用度が高い方がもちろん有利です。 年収ももちろん大切ですが、実はそれ以上に勤務先や勤続年数などが重要視され、一番好まれるのは公務員だと言われます。 これも信用度が高いからに他ならないでしょう。 加えて、持ち家か賃貸かも申告事項です。 持ち家の方が良いですが、住宅ローンなども抱えている場合はその限りではありません。 賃貸でもそこに長く住んでいる方が有利でしょう。 つまり、安定した収入があり、落ち着いた生活をしていれば、限度額の差はあるかもしれませんが、審査基準はそれほど難しくはないのです。

▲pagetop